KHRUANGBIN/A LA SALA [NRSF-0620]

KHRUANGBIN/A LA SALA [NRSF-0620]

販売価格: 5,445円

『A La Sala』は、バンドがレコーディングをする場所に戻ることをテーマとしている。
アルバムはSteve Christensen(エンジニア)の倉庫(Terminal C)でレコーディングされ、リヴィング・ルームのようなフィーリングを持つ。
感情的にスタート地点に完全に戻ることはできないとしても、コロナやコラボレーション・アルバムの後、バンドは帰郷することが本当に必要だと感じた。
また、家族というテーマも存在した。ライヴやプロモーション等、物事はすべてが巨大化してしまったため、家族としての3人に戻り、感情的なレコーディング・プロセスを採るのは正しいことだと感じていた。
『A La Sala』は以前のダブ・アルバムに収録されていた曲の曲名だが、Lauraはいつもリヴィング・ルームに人を集めるときにそう叫んでいた。これは一体感の象徴だ。バンドがこうして一緒にプロジェクトに取り組むのは2019年以来となる。そして、これは、Will van Horn(ペダル・スティール)抜きでの初めてのアルバムで、Khruangbin史上初のゲストなしの作品となる。
振り子と同じように、遅かれ早かれ、反対側に振られなければならなかったのだ。
音楽的/テーマ的には、リヴィング・ルームにいるような暖かさを音で表現しようとした。また、曲名はどれも極めて具体的だが、リスナーの解釈次第でもある。視覚的には、窓がリヴィング・ルームの焦点だった。そこは、空想にふけることのできる空間で、アルバム全体を通して視覚的なつながりとなる(ジャケット等)。

1. Fifteen Fifty-Three
2. May Ninth
3. Ada Jean
4. Farolim de Felgueiras
5. Pon Pon
6. Todavia Viva
7. Juegos y Nubes
8. Hold Me Up (Thank You)
9. Caja de la Sala
10. Three From Two
11. A Love International
12. Les Petit Gris


商品詳細

condition S(新品)
label SECRETLY CANADIAN
country US
format LP
released 2024